コンビニ

ローソンのチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)がウチカフェシリーズから新発売

スポンサーリンク

2020年9月29日にローソンからウチカフェシリーズの新メニュー「チョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)」が発売されます。

ウチカフェシリーズに以前「チー2シュー(チーズチーズケーキシュー)」という似たようなネーミングのシュークリームが販売されていました。

これはチーズ味のシュークリームでしたが、新商品はチョコづくしのシュークリームなんですね。

そこで、今回の記事では、チョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ローソンチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)

ローソンのウチカフェシリーズにチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)が発売されました。

チョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)
ローソン標準価格 200円(税込)

公式サイトでは次のように書いてありました。

チョコペーストを練り込んだ生地で焼チョコを包んだパフに、生チョコを使用したガナッシュクリームを注入しました。表面をチョコでコーティングし、ダイス状の生チョコをトッピングしました。

これを読んだだけで濃厚なチョコレートの味が想像できますね。

早速食べてみたいところですが、その前に気になる栄養成分をチェックしてみましょう。

ローソンチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)のカロリーと糖質量は?

ローソンから新発売のスイーツ「チョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)」は、ウチカフェシリーズの新商品になります。

新商品は食べてみたいけれど、スイーツはカロリーが気になるという人も多いと思います。

そこで、気になるチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)の栄養成分はこちらになります!

ローソン・チョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)の栄養成分

カロリー 377kcal
たんぱく質 5.1g
脂質 26.1g
炭水化物 31.9g
糖質 29.1g
食物繊維 2.8g
食塩相当量 0.3g

1個入りで377kcalでした。糖質量は29.1となかなか食べるのに勇気がいる数値ですね・・・

次は原材料をみていきましょう。

ローソンのチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)の原材料

チョコレート、準チョコレート、ホイップクリーム、小麦粉、卵、ファストスプレッド、カスタードクリーム、牛乳、生クリーム、乳等を主要原料とする食品、砂糖、食塩/乳化剤、膨張剤、香料グリシン、加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、VC、リン酸塩(Na)、pH調整剤、カロテノイド色素、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆を含む)

ローソンチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)を食べてみた

それでは実際に、ローソンから新発売されたチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)を食べてみたいと思います。

袋から出すとこうなっています。ちなみに袋はチョコまみれでした。

シュー生地はチョコレートでコーティングされていて、上には生チョコが乗っています。

半分にカットしてみると中心に焼きチョコがあり、その周りをチョコクリームが覆っています。

シュー生地もクリームも全てチョコづくしですね。見た目はすごく甘そうですが、食べてみると甘すぎるということはありませんでした。

想像していたよりもチョコがビターだったので、これなら胸焼けもしないで美味しく食べられます。

これはチョコ好きさんにはたまらないシュークリームですね!

まとめ

今回は、ローソンから発売される「チョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)」のカロリーなどをご紹介してきました。

チョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)のカロリーは377kcalなので、普通のシュークリームよりは高カロリーだと思います。

やっぱりチョコを使ってると、どうしてもカロリーが高くなってしまうのは仕方がないですね。美味しいものはカロリーが高い!(笑)

発売日の2020年9月29日にはローソンで新商品のチョコ2シュー(焼チョコ生チョコシュー)を食べてみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク